EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
活性汚泥    
次の記事へ
 件数:330件
 索引:「カ」
 115-124件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.02.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2016年11月4日にパリ協定が発効し、我が国でも同月8日に国会で承認されました。2015年12月のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された今回の協定は、先進国のみならず、はじめて途上国も参加し、世界の平均気温上昇を2度未満に抑えることを目標に掲げた法的拘束力のあるものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
活性汚泥
カッセイオデイ   【英】Activated Sludge  
 解説 |
長時間空気を吹き込み(曝気)十分な酸素を供給し、好気微生物群を人為的に加え、排水中に存在する有機物を酸化分解・凝集・吸着・沈殿分離する最も代表的な排水・下水処理法を活性汚泥法という。この好気微生物群を汚泥あるいは活性汚泥と総称する。
活性汚泥は好気性の細菌類、原生動物などの微生物や有機性および無機性物質から構成されており、最終生成物は黒色ないし茶褐色の、部分的に分解した粒状、凝集体状のもので、新しい間は土壌性のにおいがする。曝気槽内の活性汚泥は最終沈殿池で沈降し、集められ、一部曝気槽へ返送され(返送汚泥)、他の汚泥(余剰汚泥)は最初沈殿池の生汚泥と共に汚泥濃縮槽で濃縮・脱水して汚泥処分される。
 この解説に含まれる環境用語 |
  微生物
  菌類
  下水処理
  汚泥
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
  活性汚泥動物園(日本下水道施設業協会)
http://www.siset.or.jp/doubutu/
ページトップへ