一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 カルキ臭

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2015.01.22

カルキ臭

カルキシュウ   【英】Odor of Chloramine  

解説

水道水における塩素臭のこと。水道は浄水処理した水を配水池、水道管を経て給水末端まで届ける給水システムであり、水道水の衛生(消毒)のために塩素注入が行われている。水道法は給水栓において残留塩素濃度を0.1mg/l以上に保持することを求めているが、この残留塩素濃度が高いと塩素臭を感じる。また、原水にアンモニアがあると、通常の浄水処理では除去されず、注入された塩素と反応してクロラミン(結合残留塩素)を生じて、これもカルキ臭の原因となる。(2014年9月改訂)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト