JavaScript対応のブラウザでご覧ください。

EICネット『エコナビ』−あなたのエコライフをナビゲート!−

洗面台でも、水といい関係
EICネットのページへ
エコライフガイドのトップページへ
エネルギーのトップページへ
水のトップページへ
ごみのトップページへ
ケミカル-ケアのトップページへ
暮らしの場面のトップページへ
知識編のトップページへ
エコライフガイドとは
水道の蛇口から流れてくる水って、1秒間にどのくらいか知ってる?
蛇口から流れる水は、1秒で200cc。5秒も流しっ放しにすると、1リットルも無駄に流れていくんです。
日本人が1年間に飲む炭酸飲料は1人平均で約24リットルと推計されていますから、わずか2分間蛇口を開け放しにしておいただけで、同じ量の水を流していることになるわけです。

1分で12リットル
顔を洗う、歯を磨く、シャンプーする。どのくらい時間がかかっていますか? その間、蛇口は締めていますか? それとも流し放しですか?

 ←調べてみよう!


<データ出典>
・蛇口から出る水の量:国土交通省ホームページ 「節水小事典 その他」
・社団法人全国清涼飲料工業会発表の清涼飲料生産量と消費量に関する統計
 2006年清涼飲料生産量と1人当りの消費量 (http://www.seiryouken.jp/inryou2006-11.html)

※水道を2分間流しっ放しにしていると、
 200(cc/秒)×2(分)=24000(cc)
 一方、社団法人全国清涼飲料工業会発表の清涼飲料生産量と消費量に関する統計によると、2006年のコーヒー飲料等の1人当たりの年間消費量は22,932mlとなり、ほぼこの量と匹敵します。

<関連リンク>
国土交通省ホームページ 「節水小事典 その他」
(http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/bousai/saigai/tisiki/kassui/kassui_4_6.html)

水のトップページへ