EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
エコツーリズム「言葉の意味を知っている」13.8% 環境... 
次の記事へ
 件数:28772件
 新着順に表示
 5340-5347件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2014.09.22  情報源 | 内閣府  カテゴリ | 環境行政 >> 行政資料
エコツーリズム「言葉の意味を知っている」13.8% 環境問題に関する世論調査
 内閣府は、平成26年9月22日、全国20歳以上の男女3,000人を対象に行った、「環境問題に関する世論調査」の結果を公表した。
 この調査は、環境問題に関する国民の意識を調査し、今後の施策の参考とするために実施したもので、平成26年7月24日から8月3日にかけて、個別面接聴取方式で実施。有効回答は1,834人(回収率61.1%)であった。
 エコツーリズムの言葉の認識度を聞いたところ、「言葉の意味を知っている」とする者の割合が13.8%(「意味は知らないが,言葉は聞いたことがある」28.4%、「聞いたこともない」56.7%)となっていた。また、参加したいエコツアーの種類 を聞いたところ、「歴史文化の解説を受けるもの(史跡名所めぐり,里山ウォーキングなど)」を挙げた者の割合が44.4%と高く、以下、「原生的な自然を観察するもの(野生動植物の観察,自然景観の観賞など)」(34.7%)、「地域の生活や文化を体験するもの(里山管理の体験,古来の生活の体験など)」(22.2%)、「農林業などを体験するもの(田植え体験,植林,下草刈り体験など)」(15.2%)、「環境保全のために貢献するもの(外来種の駆除,植生の回復など)」(13.7%)、「環境に関して学習するもの(田んぼの生き物調査など)」(11.8%)などの順となっていた。
 また生物多様性の言葉の認識度は、「言葉の意味を知っている」とした者の割合が16.7%となり、平成24年6月の調査(19.4%)に比べ減少していた。【内閣府】
記事に含まれる環境用語 |
エコツーリズム
下草刈り
外来種
景観
原生的な自然
史跡
植生
生物多様性
プレスリリース |
http://survey.gov-online.go.jp/h26/h26-kankyou/index.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
日本人のライフスタイルに関する世論調査 結果公表(国内ニュース)
「国立公園に行ってみたい」47.4% 国立公園に関する世論調査(国内ニュース)
内閣府「環境問題に関する世論調査」平成24年調査結果を公表(国内ニュース)
温暖化対策としての森林整備、「国や自治体が進めるべき」が76.1% 世論調査結果(国内ニュース)
ペット飼育が好きな人72.5% 動物愛護に関する世論調査(国内ニュース)

ページトップへ