EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省『日本人における化学物質のばく露量について』パ... 
次の記事へ
 件数:26921件
 新着順に表示
 3403-3410件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2014.10.07  情報源 | 環境省  カテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
環境省『日本人における化学物質のばく露量について』パンフレット無料配布開始
 環境省は、ダイオキシン類をはじめとする化学物質の人への蓄積量や摂取量を明らかにするため「化学物質の人への曝露量モニタリング調査」を行っており、今回平成25年度の調査結果をパンフレットに取りまとめた。
 この調査は、平成14年度から平成22年度まで実施した「ダイオキシン類の人への蓄積量調査」を踏まえ、血液、尿、食事における様々な化学物質の濃度を測定したもの。また、平成24年度から国民への平均的な放射性物質の影響を明らかにするため、血液、尿、食事における、放射性物質の濃度を測定している。
 主な調査結果としては、食事経由のダイオキシン類摂取量では耐容一日摂取量(TDI)を超過した人はいないこと、食事経由のメチル水銀カドミウム摂取量では耐容摂取量を超過した人はいないこと、セシウム134、セシウム137及びヨウ素131は、血液、尿、食事のいずれからも検出されなかったこと等があげられている。
 このパンフレットは無料で配布(送料は実費を自己負担)する。希望者は、返信用封筒(ゆうメール)に必要な金額の切手を貼って、適宜普通サイズの封筒に封入し、郵送することが必要。詳細はプレスリリース参照。
 なお、PDF版は環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/chemi/dioxin/pamph.html)で、公表している。【環境省】【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
TDI
カドミウム
ダイオキシン類
メチル水銀
モニタリング
耐容一日摂取量
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18739
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
環境省 パンフレット「日本人における化学物質のばく露量について」まとまる 無料配布開始(国内ニュース)

ページトップへ