一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「生物多様性保全に向けた社会生態学的生産ランドスケープ〜里山・里海〜」をテーマに公開フォーラムを開催

【発表日】 2019.08.09 【情報源】 環境省 【自然環境 生物多様性

 環境省は、SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ(IPSI)事務局、生物多様性条約事務局及び熊本県との共催により、2019年9月2日(月)〜9月6日(金)に熊本県熊本市において、「SATOYAMAイニシアティブ国際パートナーシップ第8回定例会合」及び「ポスト2020目標に向けたランドスケープアプローチに関する専門家テーマ別ワークショップ」を開催する。
 ATOYAMAイニシアティブは、人間活動の影響を受けて形成・維持されている二次的自然環境における生物多様性の保全やその持続可能な利用の促進のため、環境省及び国際連合大学サステイナビリティ高等研究所が中心となって提唱してきた取組。
 
 公開フォーラムは、以下の内容で開催する。
  日時:令和元年9月4日(水)14:30〜17:30
  会場:ホテルメルパルク熊本(熊本市中央区水道町14-1)3階
  内容:SATOYAMAイニシアティブがグローバルに展開してきたランドスケープアプローチの有効性、ランドスケープアプローチがポスト2020目標の検討過程にどのように貢献できるか、内外の事例を通じて議論する。(日英同時通訳あり)

 公開フォーラムへの参加は、事前登録が必要。定員100名。
 
 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース