一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

第17回アフリカ環境大臣会合、持続可能な開発のための効果的措置に合意して閉幕

地球環境 その他(地球環境)】 【掲載日】2019.12.05 【情報源】国連/2019.11.15 発表

 2019年11月11〜15日に南アフリカのダーバンで開催されていたアフリカ環境大臣会合(AMCEN)の第17回通常会合は、効果的な実施メカニズムを備えた地域環境政策を構築することで合意して閉幕した。
 会合では、アフリカ大陸の環境持続可能性と繁栄の実現、持続可能な開発目標(SDGs)とアフリカ連合のアジェンダ2063の達成に向け、各国が実際的行動(政策や地域・国際的枠組の実施等)を講じる必要性に重点が置かれ、大臣らは同地域の経済社会の健全性を守る包括的な富の創出を促すため、引き続き環境課題に対処する具体的行動や気候行動を取ることを約束した。
 課題別では、循環型経済について、価値と潜在力を確認し、可視性と認識の向上、手法の複製・拡大・利用を約束。また、気候変動については、最近の国際的な研究成果を鑑み、国連気候変動枠組条約やパリ協定の完全履行に関する約束を再確認し、国別目標の実施の重要性を強調した。そのほか、環境の持続可能性、海洋経済、生物多様性、土地劣化・砂漠化・干ばつ等に関する決定も発表された。【国連環境計画

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース