一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

カナリア痘ウイルス カルタヘナ法に基づき遺伝子組換え生物使用承認へ 意見募集開始

自然環境 生物多様性】 【掲載日】2007.11.13 【情報源】環境省/2007.11.12 発表

 環境省と農林水産省は、遺伝子組換え生物を環境中への拡散防止策をとらないで使用する(カルタヘナ法の第1種使用に該当する)案件の承認申請が提出されたことから、これらの案件の承認について、平成19年12月12日まで意見を募集することにした。
 カルタヘナ法では、第1種使用を行う場合に、主務大臣が学識経験者の意見を参考としながら、生物多様性への影響の度合いを判断し使用承認の可否を決定することになっている。
 今回意見募集を行う事例は、メリアル・ジャパン(株)が申請した猫白血病ウイルス由来防御抗原蛋白発現遺伝子導入カナリア痘ウイルス(ALVAC)の1種。
 このウィルスを宿主として、現在、狂犬病、麻疹及びHIV等のワクチンの開発が進められている。
 学識経験者からの意見聴取の結果では、いずれも生物多様性への影響がないとされており、環境省と農林水産省では今回の意見募集結果で問題がみつからなければ、基本的に使用を承認する方針。
 意見は郵送、FAX、電子メール(または専用の意見募集フォーム)により受付けている。宛先は環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室(住所:〒100−8975東京都千代田区霞が関1−2−2、FAX番号:03−3504−2175、電子メールアドレス:bch@env.go.jp)。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク