EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「京都メカニズム推進・活用会議」でプロジェクト18件(C...
次の記事へ
 件数:26801件
 新着順に表示
 13962-13969件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2008.08.21  情報源 | 経済産業省  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
「京都メカニズム推進・活用会議」でプロジェクト18件(CDM)を承認(累計363件)
 経済産業省及び国土交通省に申請されていたクリーン開発メカニズム(CDM)にかかるプロジェクト18件が、平成20年6月20日〜7月18日までに「京都メカニズム推進・活用会議」で承認され、日本政府の正式なプロジェクトとなった。
 CDM/JI事業は、各国の削減目標達成のための市場原理を活用した国際的な仕組み「京都メカニズム」の取り組みで、先進国と途上国が共同で温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施し、達成された温室効果ガス削減分の一部(認証排出削減量)を先進国が自国の削減量として充当することを認める制度。
 日本政府の正式なプロジェクトとなるためには温暖化対策関連省庁のいずれかに承認申請を提出し、関連省庁が共同で開催する「京都メカニズム推進・活用会議」で承認されることが必要となっている。
 今回承認されたのは、丸紅株式会社、東洋エンジニアリング株式会社、住友商事株式会社、東京電力株式会社、三菱商事株式会社、東北電力株式会社、オリックス株式会社、信越半導体株式会社、株式会社ユーラスエナジージャパン、株式会社PEARカーボンオフセット・イニシアティブ、カーボンキャピタルマネジメント株式会社、豊田通商株式会社、三井物産株式会社、関西電力株式会社、清水建設株式会社が実施する18件のプロジェクト。
 今回の承認分までで、日本の正式な京都メカニズム承認案件数は363件、全承認プロジェクトの年平均CO2排出削減量の合計はCO2換算で12,454.7万トンとなった。【経済産業省】
記事に含まれる環境用語 |
カーボンオフセット
クリーン開発メカニズム
温室効果ガス
京都メカニズム
途上国
認証排出削減量
プレスリリース |
http://www.meti.go.jp/press/20080821001/20080821001.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
345件めまでの京都メカニズム案件を承認 CDM6件+JI1件(国内ニュース)
339件めまでの京都メカニズム案件を承認 CDM13件(国内ニュース)
関連リンク
京都メカニズム情報プラットフォーム((社)海外環境協力センター)
気候変動枠組み条約事務局 CDM理事会(英文)
(財)地球環境センター CDM方法論等の解説

ページトップへ