一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

アメリカ環境保護庁 酸性雨に関するブログがオープン

地球環境 酸性雨】 【掲載日】2010.04.15 【情報源】アメリカ/2010.04.08 発表

 アメリカ環境保護庁(EPA)は、酸性雨問題について、1カ月間にわたり、意見を交換するブログをオープンした。酸性雨は、深刻な環境問題で、米国内の多くの地域に影響を及ぼしており、とりわけ、湖沼河川、森林、動植物に被害をもたらしている。
 4月8日から、EPAは、市民がWEB上で双方向の議論に参加できるよう、毎日、ブログを掲載する。酸性雨の全体的な状況やその効果、酸性雨プログラムに基づく排出量取引キャップ・アンド・トレード)政策、EPAによる発電所の排出量のモニタリングといったトピックが盛り込まれている。
 EPAでは、1990年大気浄化法の改正により、20年前に酸性雨プログラムを導入し、発電所に対して、二酸化硫黄(SO2)、窒素酸化物(NOx)の大幅な排出削減を求めている。1995年に酸性雨プログラムが導入されて以降、二酸化硫黄窒素酸化物の排出量は60%以上減少している。【EPA

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース