一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

環境省 微量PCB混入廃棄物の焼却実証試験(平成23年11月〜12月実施分)の実施結果を公表

【発表日】 2012.02.03 【情報源】 環境省 【ごみ・リサイクル ごみ処理

 環境省は、平成23年11月〜12月に、富山県富山市の株式会社富山環境整備及び愛媛県新居浜市の財団法人愛媛県廃棄物処理センターで実施した、微量のPCBを含む廃棄物の焼却実証試験の結果を平成24年2月3日に公表した。
 PCBを使用していないトランス(変圧器)などの中に、実際には微量のPCBが混入した絶縁油が含むものが大量に存在することが判明しており、これらの処理体制の整備が課題となっていることから、今回の試験は、微量のPCBを含む廃棄物の処理体制の整備に向け、既存の産業廃棄物処理施設において微量のPCBを含む廃棄物が安全かつ確実に処理できることの確認を目的としている。

 株式会社富山環境整備の試験では、施設の敷地境界における大気中のPCB濃度、施設周辺における大気中のPCB及びダイオキシン類濃度については、基準値等よりも低いことを確認した。
 排ガス中のPCB及びダイオキシン類の濃度については、基準値等よりも低 いことを確認した。また、通常運転時と本試験時において顕著な差がなかったことから、試験試料を投入したことによる排ガス中のPCB及びダイオキシン類の濃度への影響はないことを確認した。
 焼却処理後の試験試料の加熱処理後の残渣物、焼却炉の燃え殻ばいじんに含まれるPCB及びダイオキシン類の量については、基準値よりも低いことを確認した。

 財団法人愛媛県廃棄物処理センターの試験では、施設の敷地境界における大気中のPCB濃度及び施設周辺における大気中のダイオキシン類濃度については、基準値等よりも低いことを確認した。
 排ガス中のPCB及びダイオキシン類の濃度については、基準値等よりも低 いことを確認した。また、通常運転時と本試験時において顕著な差がなかったことから、試験試料を投入したことによる排ガス中のPCB及びダイオキシン類の濃度への影響はないことを確認した。
 焼却処理後の焼却炉の燃え殻及びばいじんに含まれるPCB及びダイオキシン類の量については、基準値よりも低いことを確認した。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク