一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

パナソニック、太陽電池で明かりをともす「チャージ機能付ソーラーランタン」を今秋発売

【発表日】 2013.05.13 【情報源】 企業 【エコビジネス その他(エコビジネス)

 パナソニックは、太陽電池で発電した電気を充電池に蓄電し、夜間に明かりをともす「チャージ機能付ソーラーランタン」を開発した。アジア・アフリカなどの無電化地域でマーケティング活動を行い、生活照明として十分な仕様にしたうえで今秋発売する。夜間の明かりに加え、携帯電話など小型機器の充電用の電源として活用できる。
 無電化地域で照明に使われる灯油ランプの不十分な明るさや、煙による健康被害、火災の危険を解消する。同時に、携帯電話の普及が進む一方で課題になっている充電インフラの問題の解決を目指し、クリーンで安心な明かりと電源の安定供給を目的に開発した。商品化に向けて明るさ、充電時間、駆動時間などで実用的な水準に高める。
 店頭で販売するほか、政府・国際機関の支援プログラムの活用や、NPO・NGO(非政府組織)などとの協力・提携を推進し、無電化地域での幅広い利用を促進。現地の開発を支援できるように取り組みを進める。6月1〜3日にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される第5回アフリカ開発会議の関連イベントで関係者らに商品を提案する。
 パナソニックは、今回開発したチャージ機能付ソーラーランタンを皮切りに、無電化地域の生活向上を目的に途上国の低所得者層(BOP)市場を開拓し、世界規模でマーケティング・商品開発を展開する。パナソニックは2018年の創業100周年に向け、無電化地域に計10万台のソーラーランタンを寄贈するプロジェクトを2月に始めた。【パナソニック(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ