一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

味の素ゼネラルフーヅ、三重県の「企業の森」に参画、社員らが保全活動を開始

【発表日】 2014.09.25 【情報源】 企業 【環境一般 CSR

 味の素ゼネラルフーヅ(AGF)は、三重県の森づくり事業「企業の森」に参画する。同県亀山市の森林を「ブレンディの森」と名付け、グループ会社の社員、役員たちが保全活動を始める。同県、同市と「森林保全協定」を8月6日に結び、9月24日に調印式を行った。AGFにとって初めての森林整備となる。9月28日に最初の活動を実施する。
 ブレンディの森は、亀山市関町沓掛の2.56haで、現在は手が付けられていない。AGFは2019年8月までの5年間保全に取り組み、小川の流れる森にすることを目標に歩道や林内整備と水資源の確保を進める。初年度は作業歩道の整備、尾根筋までの作業歩道の作成、記念植樹予定地の確保、保存木の選定と、展望台や休憩場所など拠点を決める。
 9月28日に実施するブレンディの森の最初の活動は、グループ社員、役員ら約50人が参加し、関係者とともに歩道の拡張、空き地の整備、下草の刈り取り、林内清掃などを行う。ブレンディの森でAGFは、森林整備による自然保護、社会貢献と同時に、社員らが森林保護活動を体験することで森の重要性を理解する環境教育も目的にしている。
 ブレンディの森を設けた地域はAGFの総合コーヒー工場、AGF鈴鹿(三重県鈴鹿市)で使う水の水源になっているため、森林保全活動を始めることにした。AGFの自然保護ではほかに2014年から、コーヒー製品生産拠点のAGF関東(群馬県太田市)に近い尾瀬国立公園の保護活動に協賛し、ごみ袋とスティックタイプコーヒーを配布している。【味の素ゼネラルフーヅ(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ