一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

鳥取県、とっとりエコサポーターズ養成研修を開催へ

環境学習 カウンセラ/指導者】 【掲載日】2015.06.05 【情報源】地方自治体/2015.06.05 発表

 鳥取県環境立県推進課は、とっとりエコサポーターズ(地球温暖化防止活動推進員)養成研修の開催について発表。
 同講座は、行政や鳥取県地球温暖化防止活動推進センター(TCCCA)と連携して地域のリーダーとして活動するために必要な地球温暖化防止に関する知識や技術を習得するもの。研修は、鳥取県地球温暖化防止活動推進センターに委託して実施する。

エコサポーターズとしての登録には、以下の必修研修の受講及び、選択講座のうち1講座以上の受講・修了が必要。

日程及び内容
(必修講座)
 日時:6月21日(日) 10時00分〜16時30分
 会場:エキパル倉吉(倉吉駅)
 <午前>
  基調講演:「気候変動の時代〜災害リスクに強い地域・企業とは〜」
  講師:損保ジャパン日本興亜環境財団専務理事 関 正雄 氏
 <午後>
  講座:「地球温暖化の基礎知識と最新情報」
  講師:全国地球温暖化防止活動推進センター 事務局長 川原 博満 氏

(選択講座)
1)日付:7月12日(日) 鳥取環境大学
 内容:自然エネルギーツアー向けプログラム体験(自然エネルギー施設見学、ペレットグリルヒーター・ソーラークッカー体験、グリーンウェイブ環境教育プログラム)
2)日付:8月30日(日) 鳥取県中部(会場未定) 
 内容:太陽光パネル自作ワークショップ 講師:幸田 直人氏
 ※実費が必要(大きさにより1万円〜)
3)日付:9月19日(土) 米子市文化ホール
 内容:米子市環境フェアでのOJT研修(家庭の省エネ相談室、エコドライブシュミレーター等)

 なお、とっとりエコサポーターズ(地球温暖化防止活動推進員)は、地域における地球温暖化の現状及び地球温暖化対策に関する知識の普及並びに地球温暖化対策の推進を図るための活動の推進を行う人材で、地球温暖化対策の推進に関する法律第23条に規定される「地球温暖化防止活動推進員」の愛称として、鳥取県で使用している名称。
 鳥取県では、エコサポーターズとして、地球温暖化防止活動についての知識とファシリテーション技術を持ち、地域の温暖化防止活動をリードする人材を想定している。意欲や熱意に加え、鳥取県地球温暖化防止活動推進センターに委託して実施する養成研修での学習を修了した等、一定の「質」を持つ人材を鳥取県がエコサポーターズに委嘱し、推進員の方には県内の民生部門における温暖化防止活動を実施してもらう。
【鳥取県】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース