EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
YKK AP、2014年度の環境活動で国内製造・営業部門のエネ... 
次の記事へ
 件数:30359件
 新着順に表示
 5183-5190件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2015.08.11  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境マネジメント
YKK AP、2014年度の環境活動で国内製造・営業部門のエネルギー原単位12%削減
 YKK APは、2014年度の環境活動で国内製造・営業部門のエネルギー原単位(出荷重量当たりのエネルギー使用量)を2010年度に対して12%削減した。環境配慮型商品の開発比率100%や廃棄物再資源化率99%も達成した。ゼロエミッション廃棄物ゼロ)は10年連続で継続している。2014年度はエネルギー政策を重点課題として推進した。
 製造・営業部門の全拠点で節電を定着させ、待機電力削減、高効率照明への切り替え、自然エネルギーの活用、エネルギーロス削減などに取り組んだ。省エネ関連で約4億円を投資し、生産設備の高速化や生産性・熱効率の向上を図り、照明のLED(発光ダイオード)への更新を進めた。エネルギー原単位は前年度比では2ポイント減となった。
 商品については、材料調達から開発、製造、使用、廃棄までを考慮した環境製品アセスメントを行い、一定レベル以上を「エコ商品」、その中でもより環境性能が高い商品を「エコクローバー商品」としている。エコ商品の開発比率100%は2013年度に続いての達成で、売上高比率ではエコ商品が87%、エコクローバー商品が69%だった。
 資源循環ではガラスくずのリサイクルや廃プラスチックの有価物化を推進し、最終処分廃棄物の発生量は2013年度比で6%減少し、排出物の排出量は同10%削減した。2015年度は、電力単価上昇など厳しい環境の中、エネルギー全体の80%を占める生産設備で機器更新や運用改善を行い、エネルギー原単位の2010年度比13.5%削減を目指す。【YKK AP(株)】

記事に含まれる環境用語 |
エネルギー原単位
ゼロエミッション
リサイクル
再資源化
自然エネルギー
待機電力
廃棄物
プレスリリース |
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/news/2015/20150811.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
帝人フロンティア、野外ライブイベントのリサイクル活動支援、PETボトル回収(国内ニュース)
イオン、環境省のプロジェクトに賛同して「水の日」に「Water Day FESTIVAL」(国内ニュース)
JFEスチール、東アフリカの社会環境改善への寄付を目的にした飲料自販機設置(国内ニュース)
積水化学、環境貢献商品の売上高比率などで環境中期計画の目標達成(国内ニュース)
愛知県 環境学習スタンプラリー開催自然、エネルギーなど学ぶ(国内ニュース)

ページトップへ