一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

エコマーク認定商品のCO2削減効果の推計結果公表

【発表日】 2015.12.09 【情報源】 その他 【エコビジネス 環境ラベル

 日本環境協会エコマーク事務局は、エコマーク認定商品のCO2削減効果の推計結果を公表した。
 2014年の1年間に市場に投入されたエコマーク認定商品のライフサイクルにおけるCO2削減効果を推計したところ、合計約101万tCO2にのぼることがわかった。その内訳は、再生材の利用など原材料の変更によるものが約23万tCO2、原材料の低減によるものが約0.2万tCO2、使用電力量の削減等によるものが約78万tCO2となっている。101万tCO2は、約44万人分の家庭からのCO2排出量(1年間分)に相当する。さらに原材料の変更において、リサイクルされなければ廃棄されていたはずの前製品の廃棄回避効果として、約14万tCO2が見込まれる。
 推計結果の概要はエコマーク事務局ホームページで公開している。また、推計方法等の解説書を近日中に公開する予定。詳細はエコマーク事務局HPを参照のこと。【日本環境協会】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

国際シンポジウム「世界のグリーン公共調達と環境ラベルの最新動向」12月10日開催(国内ニュース)

東レ、部分植物由来ポリエステル繊維が「エコマーク」商品認定、新基準に適合(国内ニュース)

リコー、インドで販売の複合機・プリンターを環境評価システム「EPEAT」登録(国内ニュース)

富士通、子会社のPFUがイメージスキャナーで業界で初めて「エコマーク」取得(国内ニュース)

伊藤園、「茶殻リサイクルシステム」で「エコマークアワード2014」の銀賞受賞(国内ニュース)