EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省、硝酸性窒素等による地下水汚染対策マニュアルを発表
次の記事へ
 件数:28773件
 新着順に表示
 2304-2311件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2016.05.19  情報源 | 環境省  カテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
環境省、硝酸性窒素等による地下水汚染対策マニュアルを発表
 環境省は、地下水マネジメントを計画的に推進するため、地域における硝酸性窒素及び硝酸性窒素に係る対策を支援する「硝酸性窒素等による地下水汚染対策マニュアル」を取りまとめ、発表した。

 硝酸性窒素等は、全国的に地下水汚濁に係る環境基準項目の中で最も超過率が高く、環境基準を超過した状態が長期にわたり継続しており、地域における対策が急務となっています。その主な供給源は、家畜排せつ物の不適切な処理、農地における過剰施肥等であり、それらに起因する地下水汚染は面的な広がりが認められることから、地方公共団体の垣根を越えた対策の実施が求められていまる。

 このため、環境省では、地域における硝酸性窒素等による地下水汚染対策の推進を技術的に支援することを目的にガイドラインが作成された。
記事に含まれる環境用語 |
亜硝酸性窒素
環境基準
硝酸性窒素
地下水
地下水汚染
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/102527.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
環境基準超過井戸の割合は6.2% 平成26年度地下水質測定結果
環境基準超過井戸の割合は5.9% 平成25年度地下水質測定結果
環境基準超過井戸の割合は5.9% 平成23年度地下水質測定結果
環境基準超過井戸の割合は6.9% 平成22年度地下水質測定結果
環境省 被災地の地下水質モニタリング調査 測定結果を公表

ページトップへ