一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

エコスタイル、建物の屋根を借り受けて太陽光発電システムを設置する事業推進

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2017.11.29 【情報源】企業/2017.11.24 発表

 太陽光発電を中心に再生可能エネルギー関連事業を手掛けるエコスタイルは、建物の屋根を借り受けて太陽光発電システムを設置する「屋根貸し太陽光発電」事業を推進している。事業の内容を紹介する新たなウェブページを公開した。屋根が収益源になることなど建物側のさまざまな利点を所有者に訴え、太陽光発電の普及拡大を進める。

 屋根貸し太陽光発電は、建物側がエコスタイルに屋根のスペースを貸し、エコスタイルが屋根をリフォームして太陽光発電システムを設置する。リフォームや発電システムに関わる費用はエコスタイルが負担する。建物所有者は屋根に取り付けた太陽光発電での電力供給によって電気料金を削減するか、屋根の賃料収入を得ることができる。

 太陽光発電システム設置後の点検・保守もエコスタイルが実施し、建物側の負担はない。屋根貸し太陽光発電のウェブページでは「屋根をお貸し下さい。劣化した屋根の無料塗装・無料リフォームをします。電気代を安くします!または屋根賃料をお支払い!!」とアピールし、8項目にわたる建物側のメリットを挙げて貸し手を求めている。

 (1)屋根無料塗装・無料リフォーム(2)電気料金削減か屋根賃料(3)遮熱効果で電気代を節約(4)屋根の劣化防止(5)緊急時の電源確保(6)CO2削減効果(7)企業のイメージアップ(8)建物側のコストはゼロ−−となる。屋根の日照が将来的にも良好な点や、20年間貸せること、1981年6月以降の建物で5階建て以下などの条件がある。

【株式会社エコスタイル】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース