一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ、CO2大幅排出削減を目指した次世代型コンビニ店舗プロジェクトを2019年秋より開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2018.06.07 【情報源】企業/2018.06.06 発表

 トヨタ自動車株式会社と株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、店舗および物流における省エネルギー・CO2排出削減に向けた共同プロジェクトを2019年から順次展開する。

 このプロジェクトは、セブン‐イレブンの店舗と物流にトヨタが培ってきた技術やシステムを導入し、CO2排出削減を目指すもの。
 店舗では、定置式の燃料電池発電機(FC発電機)とリユース蓄電池を導入するとともに、それらを店舗エネルギーマネジメントシステム(BEMS)で統合的に管理し、店舗で使用する再生可能エネルギーや水素由来の電力の比率を高め、CO2排出削減を進める。
 物流では、新開発した燃料電池小型トラック(FC小型トラック)を導入し、CO2を含めた環境負荷物質の排出ゼロを目指す。

 トヨタでは、2019年春ごろに首都圏でFC小型トラック2台を導入、2019年秋ごろから、さらに再生可能エネルギーの比率を高めた、次世代型店舗への取り組みを進めていく。

【トヨタ自動車株式会社・株式会社セブン‐イレブン・ジャパン】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース