一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「平成30年度風力発電に係るゾーニング実証事業」に係る実証地域の公募選定結果

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2018.06.18 【情報源】環境省/2018.06.15 発表

 環境省は、平成30年度風力発電に係るゾーニング実証事業の対象地域として2地域(地方公共団体)を選定したと発表した。
 再生可能エネルギーの導入は地球温暖化対策の観点から重要である一方、風力発電については、立地適地をめぐって事業計画の集中が見られることによる累積的影響が懸念される事例や、騒音バードストライク等の環境影響や周辺住民の反対意見等が顕在化している事例が見られる。
 これらの課題に対応し、再生可能エネルギーの導入と環境配慮を両立させるため、地域の自然的条件・社会的条件を評価し、風力発電の導入を促進しうるエリアや環境保全を優先することが考えられるエリア等の設定などを行うゾーニングマップの作成に加えて、ゾーニングの実効性を確保し、環境影響評価制度との連携を具体化するための仕組み(ゾーニングの制度化)を見据えた検討が必要であり、その実証を行う地域を平成30年3月20日(火)から5月1日(火)において地方公共団体から公募した。
 その結果、岩手県 久慈市(洋上)と秋田県 にかほ市(陸上)を選定した。
 今後、これらの実証地域において、3カ年をかけて実証事業を実施していく。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース