一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「Re-Style パートナー企業」の新たな取組み

ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)】 【掲載日】2019.03.06 【情報源】環境省/2019.03.05 発表

 環境省は、資源の大切さや3Rへの態度変容や行動喚起を促進するRe-Style事業を展開している。
 今回、環境省と民間企業が継続的に連携し、消費者へ3R等への理解と共感を広げていく新たなパートナーシップ「Re-Styleパートナー企業」において、新たな取組みがスタートしたと発表した。

<旭化成ホームプロダクツ株式会社の取組み>
 サステナブルハウスケアブランドである「フロッシュ」シリーズの食器用洗剤の詰め替え用セット商品を数量限定で販売している。
 当商品は、使用後は、自然界に存在する微生物によって水と二酸化炭素に分解され、ほぼ100%が自然に還る環境にやさしい台所洗剤。ボトルは、地球環境を考えて設計されているほか、100%再生PETを使用している。

<株式会社タカラトミーの取組み>
 資源の有効活用と地球環境に配慮したおもちゃ「エコトイ」の開発に取り組んでいる。また、ガチャカプセル容器を従来サイズより小さくした「エコガチャ」の提供も開始する。
 さらに、環境イベントや学校への出張授業等では、子どもたちに向けて、3RやRe-Styleの訴求を推進していく。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース