一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

富山県、環境テーマにポスター創作 県内小中学生の作品を募集

【発表日】 2019.04.06 【情報源】 地方自治体 【環境学習 こどもの環境学習

 富山県ととやま環境財団(富山市)は、県内の小中学生を対象に、環境保全をテーマにした創作ポスター作品を募集している。6月の環境月間に向けた取り組みで、環境問題の重要性を認識してもらうのが狙い。
 小学生部門と中学生部門で募集している。作品は、環境に配慮した生活▽豊かな自然環境(緑、水など)の恵み▽地球温暖化の防止▽ 3Rリデュースリユースリサイクル)の促進▽食品ロスの削減▽廃棄物不法投棄防止―など、環境に配慮することの大切さを呼びかける内容にする。
 作品は、四つ切り画用紙(380mm×540mm)またはB3版(364mm×515mm)で、縦長で使用する。画材は自由。作品には、「ストップ地球温暖化」など図柄に合わせたスローガンを記載する。小学1〜3年生は文字を記載しなくても構わない。
 学校ごとに作品を取りまとめて応募する。応募用紙を県ホームページからダウンロードし、作品と一緒に同封して県環境政策課に送付する。作品は折ったり丸めたりせずに送る。締め切りは5月13日(必着)。入賞作品は6月に表彰、展示を行う。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース