一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

(仮称)吾妻高原風力発電事業に係る環境影響評価準備書に対する環境大臣意見を提出

【発表日】 2019.11.15 【情報源】 環境省 【環境一般 環境アセスメント

 環境省は、「(仮称)吾妻高原風力発電事業環境影響評価準備書」に対する環境大臣意見を経済産業大臣へ提出する。
 この事業は、合同会社吾妻高原ウィンドファームが、福島県福島市において、総出力最大32,000kWの風力発電所を設置するもの。

 対象事業実施区域及びその周辺は、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律に基づく国内希少野生動植物種であるイヌワシ及びクマタカ等の希少猛禽類の生息が確認されており、この事業の実施に伴う風力発電設備への衝突や移動経路の阻害等の重大な影響が懸念されている。
 そのため、環境大臣意見では、事業の実施に当たって適切な措置を講ずるとともに、その旨を評価書に記載することを求めている。

 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース