一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

レジリエンス強化型ZEB支援事業の公募開始

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.03.10 【情報源】環境省/2020.03.09 発表

 環境省は、二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(激甚化する災害に対応した災害時活動拠点施設等の強靭化促進事業及びエネルギー自給エリア等構築支援事業)について執行団体である一般社団法人静岡県環境資源協会が、当該補助金の公募を開始すると発表した。
 
 この事業は、脱炭素化に加えて、大規模自然災害に対する備えとして、被災時にも必要なエネルギーを供給できる機能を強化した、建築物の整備・普及を実現するための事業を実施するのに必要となる経費の一部を補助するもの。
 
 このうち、レジリエンス強化型ZEB支援事業について、公募を開始する。
 これは、災害発生時に活動拠点となる、公共性の高い業務用施設(市役所、役場庁舎、公民館等の集会所、学校等)及び自然公園内の業務用施設(宿舎等)において、災害時のエネルギー自立化に資する再生可能エネルギー設備、未利用エネルギー活用設備及びそれらの附帯設備(蓄電池等)を導入することで、停電時にも必要なエネルギーを供給できる機能を強化したZEBに対して支援するもの。
 
 公募期間:令和2年3月9日(月)〜令和2年4月10日(金)
 
 詳細はプレスリリース参照。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース