EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フランス議会 環境グルネル第一法案を承認      
次の記事へ
 件数:10712件
 新着順に表示
 4133-4140件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2009.07.24  情報源 | フランス  カテゴリ | 環境行政 >> 法令/条例/条約
フランス議会 環境グルネル第一法案を承認
 フランス議会上院は、下院に引き続き、環境グルネル第一法案を2回の読会ののち、ほぼ満場一致で承認した。同法案には、環境グルネル(環境懇談会)関係者による約束、フランス大統領による約束が盛り込まれている。
 2007年10月、12月の環境グルネル円卓会議では、建物の断熱対策の促進、再生可能エネルギーの開発、道路輸送に代わる輸送、生態系や水系のネットワークづくり、環境関連の専門家・代表的な組織の体制づくりなど、様々な目標が打ち出され、法律に記載されることとなった。
 両議院は、また、再生可能エネルギーのシェアを2020年までに20〜23%とすることなど、環境を尊重する決定を受け入れた。
 グルネル法案では、2020年までにフランスの化石エネルギー消費量を25%削減することが掲げられている。このための取組みは、グリーン成長の分野で、2009−2020年にかけ、60万人分以上の雇用の維持・創造を可能にする見込みだ。【フランス エコロジー・エネルギー・持続可能な開発・海洋省】
記事に含まれる環境用語 |
エコロジー
再生可能エネルギー
持続可能な開発
生態系
プレスリリース |
http://www.developpement-durable.gouv.fr/article.php3?id_article=5454
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
フランス 環境グルネル基本法案を公表(海外ニュース)

ページトップへ