EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イングランドの野生動物・生態系ネットワークの再検討を発表
次の記事へ
 件数:11339件
 新着順に表示
 4627-4634件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2009.09.28  情報源 | イギリス  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
イングランドの野生動物・生態系ネットワークの再検討を発表
 イギリスのベン環境大臣は、国立公園との関係や地球温暖化への適応能力など、イングランドの野生動物・生態系ネットワークを再検討することを発表した。この報告書は2010年6月までに発表される予定で、イングランドの国立公園などの指定地域が納得しうる、確固たる生態系ネットワークになっているか、また気候変動やその他の脅威に立ち向かう能力があるか、などについて調べるもの。
 調査チームは間もなく発表されるが、さらに野生復活プログラムを通して指定区域と外の区域を結びつけることによって、どのような利益がもたらされるかなどについても検討する。調査チームは、同プログラムの生態学的、経済的、社会的なコストとその恩恵についても考慮に入れ、コスト面や優先順位などについて勧告を行う。
 この調査は、現在準備されている「国家エコシステム評価」を補完するもの。田園や都市部の生態系の重要性を引き続き考慮し、2010年1月に発表予定の「土地利用に関する森林プロジェクト」の結果を利用する。
 イングランドの土地の多くは、環境保護指定地域となっているが、指定の有無を問わず政府は野生動物の生息地を保護・強化・修復に力をいれている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
エコシステム
気候変動
国立公園
生態学
生態系
生態系ネットワーク
地球温暖化
プレスリリース |
http://www.defra.gov.uk/news/2009/090928c.htm

ページトップへ