EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
コスタリカ、新たな国家湿地政策を決定       
次の記事へ
 件数:10553件
 新着順に表示
 121-128件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.03.08  情報源 | 国連  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
コスタリカ、新たな国家湿地政策を決定
 コスタリカのソリス大統領、グティエレス環境大臣ほか政府関係者が、国内の2000を超す湿地を保護するための行程表となる新たな「国家湿地政策」を最終的に決定し署名した。これはコスタリカの大小の河川湖沼、潟、沼沢地、氾濫原、マングローブサンゴ礁、海域などの湿地に気候変動が及ぼす影響についての緩和・適応策をまとめたもので、重点分野として、1)保全、2)気候への適応、3)生態系の修復、4)環境機関の強化、5)すべての関係者の参加、を挙げている。5)は先住民と地域住民の意思決定プロセスへの参加を意図している。各省庁や公共機関の責任分担や実施内容、目標を示し、目標の一部に各種NGOも関わっている。対策の中には、国内の湿地インベントリ更新など既に着手したものもある。湿地はコスタリカの国土の約7%を占める。グティエレス大臣は、これらの湿地は気候変動に対処するために重要であるとともに、食料、淡水、繊維、生化学あるいは遺伝素材などの様々な資源をもたらし、さらにコスタリカの文化の一部であるレクリエーションや美的、教育的、精神的な機能も果たしていると述べた。【ラムサール条約
記事に含まれる環境用語 |
サンゴ礁
マングローブ
ラムサール条約
河川
気候変動
湖沼
生態系
プレスリリース |
http://www.ramsar.org/news/costa-rica-pledges-to-improve-protection-of-its-wetlands

ページトップへ