EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ラムサール条約、アジア地域のプレCOPを開催     
次の記事へ
 件数:11143件
 新着順に表示
 253-260件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.02.26  情報源 | 国連  カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
ラムサール条約、アジア地域のプレCOPを開催
 ラムサール条約の第13回締約国会議(COP13)に向けたアジア地域準備会合(プレCOP)が、アジア地域の締約国28か国の代表者の出席のもと、2018年2月26日から3月2日までスリランカで開催されている。開会にあたってスリランカ野生生物保護局のAmararathna氏は、「湿地は洪水防止、レクリエーション、生物多様性に大きな役割を果たすことから、その重要性の認識が高まっている」と述べ、スリランカの首都コロンボの都市湿地の保全と再生についても言及した。また、ラムサール条約のアジア太平洋地域上級顧問のヤング氏は、湿地の保全と懸命な利用を、持続可能な開発気候変動、防災、生物多様性保全といった国の政策の中で主流化する必要性を強調した。プレCOPは2018年2月から3月にかけて、ラムサール条約の作業に関する重要事項や決議案について検討するため、アジア地域をはじめ、アフリカ(セネガル)、南北アメリカ(コスタリカ)、ヨーロッパ(チェコ)など世界の各地域で開催されている。プレCOP後、決議案は2018年4月に予定される第54回常設委員会(SC54)で検討され、最終的に2018年10月にドバイで開催されるCOP13へ提出される。【ラムサール条約
記事に含まれる環境用語 |
ラムサール条約
気候変動
持続可能な開発
生物多様性
プレスリリース |
https://www.ramsar.org/event/regional-pre-cop-meeting-2018-asia
関連情報 |
関連リンク
Regional pre-COP meetings 2018

ページトップへ