一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

世界気象機関、危険なハリケーン「ローラ」がアメリカのメキシコ湾岸に上陸と報告

地球環境 その他(地球環境)】 【掲載日】2020.09.16 【情報源】研究機関/2020.08.28 発表

 世界気象機関(WMO)は、大西洋域のハリケーンの活動がピークを迎えており、アメリカのメキシコ湾岸では大型ハリケーン「ローラ」が上陸したと報告した。WMOがアメリカ国立ハリケーンセンターの情報として伝えたところでは、熱帯低気圧「ローラ」は、8月27日にメキシコ湾岸に上陸し、「カテゴリー4」に分類される大型ハリケーンとなった。風速に関して、ルイジアナ州を襲った過去最強(タイ)のハリケーンとなった。アメリカ海洋大気庁(NOAA)は2020年8月6日、同年のハリケーンシーズン(6月1日〜11月30日)に関する予測を更新し、ハリケーン活動が平年よりも活発化する確率を85%に引き上げていた。ハリケーン活動が活発な原因としては、大西洋の一部で海面温度が平年を大幅に上回っていることや強い西アフリカモンスーンの影響などがあるという。今ハリケーンシーズンに命名暴風雨は13発生しており、アメリカに上陸した命名暴風雨として「ローラ」は7番目になる。
世界気象機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース