EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
2010年6月の世界の月平均気温 6月としては観測史上最高... 
次の記事へ
 件数:30358件
 新着順に表示
 14378-14385件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2010.07.15  情報源 | 気象庁  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
2010年6月の世界の月平均気温 6月としては観測史上最高タイに
 2010年6月の世界の月平均気温が統計を開始した1891年以降の最高値となっていたことが気象庁の2010年7月15日付けの発表で明らかになった。
 発表によると、2010年6月の世界の月平均気温(陸域の地表付近の気温と海面水温の平均)は、陸域では中国北部からモンゴルにかけての地域、西アジア、米国南部で平年より高くなった。海面水温は、太平洋の西部熱帯域からインド洋、大西洋熱帯域などの広い範囲で高くなった。
 その結果、2010年6月の世界の月平均気温の平年(1971年から2000年の平均値)差はプラス0.40℃となり、6月の平均気温としては1998年と並んで観測史上最高となった。
 長期的にみると、3月の世界の月平均気温はこの100年でプラス0.65℃上昇していた。
 同庁では、今回の要因として二酸化炭素などの温室効果ガスの大気中濃度の増加に伴う地球温暖化の影響や春まで継続したエルニーニョ現象による影響の他、十年〜数十年程度の時間規模で繰り返される自然変動が重なったためとの見解を示している。【気象庁】
記事に含まれる環境用語 |
エルニーニョ現象
温室効果ガス
地球温暖化
二酸化炭素
熱帯
プレスリリース |
http://www.jma.go.jp/jma/press/1007/15a/temp1006.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
平成22年3月〜5月の世界の平均気温 観測史上最高を記録!(国内ニュース)
09年平均気温の確報 世界は観測史上3位、国内は7位の高温(国内ニュース)
09年平均気温速報値 世界は観測史上3位、国内は7位高温の見込み(国内ニュース)
関連リンク
気象庁 世界と日本の気温・降水量の長期変化傾向
気象庁 世界と日本の気温平年差・降水量平年比

ページトップへ