一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

富山市、SDGs達成へロゴマーク決定 路面電車などで関心高める

【発表日】 2019.03.01 【情報源】 地方自治体 【環境一般 その他(環境一般)

 富山市は、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け、市独自の「SDGs未来都市とやま」のロゴマークを決めた。ロゴマークをSDGsに関するパンフレットやポスター、ステッカーなどに活用し、市民の関心を高める。
 ロゴマークは、市民からの投票で決定した。市があらかじめ示した3案のうち、立山連峰から流れる豊かな水が市全体を包むイメージのデザインがもっとも多くの票を集めた。川の流れをイメージした線には、貧困、飢餓、教育、気候変動などSDGsの17の目標にちなんで17色を使用した。
 3月には、市内を走るセントラムとポートラムというLRT(次世代型路面電車)の車体にロゴマークをあしらったラッピング車両を期間限定で運行した。森雅志市長は「ロゴマークを用いることで、市民の関心を高め、SDGsがわがことであるという認識を深めてもらいたい」と話している。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース