EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
岡山市、燃料電池車を公用車に導入 移動や環境イベント... 
次の記事へ
 件数:30358件
 新着順に表示
 19-26件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.03.11  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
岡山市、燃料電池車を公用車に導入 移動や環境イベントに活用
 岡山市は、“究極のエコカー”燃料電池車(FCV)を公用車に導入した。市職員が日常業務に使うほか、環境関連イベントなどで展示しFCVや水素社会をアピールする。岡山県内の自治体でFCVを公用車に導入したのは、倉敷市に次いで2番目。
 市が導入したのは、トヨタ自動車のFCV「ミライ」1台。市がトヨタレンタリース岡山(岡山市)と約5年間のリース契約を結んだ。5年間のリース料金は約487万円。
 ミライは、タンク内の水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、モーターを動かして走る。走行時に二酸化炭素(CO2)を排出せず、走行距離は1回の満充填で約650km。燃料の水素は、同市南区の「イワタニ水素ステーション岡山南」で充填する。
 市は、岡山市地球温暖化対策実行計画(改訂版)で、2030年度までに温室効果ガス排出量を13年度比で26%削減する目標を掲げる。市は、FCV購入時に50万円を補助する制度を設けている。

記事に含まれる環境用語 |
温室効果ガス
水素社会
地球温暖化
二酸化炭素
燃料電池
プレスリリース |
http://www.city.okayama.jp/contents/000363842.pdf

ページトップへ