EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
フィンランド環境研究所、栄養塩再利用のため政策改革が... 
次の記事へ
 件数:1326件
 カテゴリ「自然環境」
 
 4-11件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.10.20  情報源 |  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
フィンランド環境研究所、栄養塩再利用のため政策改革が必要と指摘
 フィンランド環境研究所(SYKE)は、栄養塩の効果的な再利用のために政策改革が必要だと指摘した。栄養塩の再利用は循環型経済へ向けたEU目標の一部とされているが、多くのEU加盟国では農園と畜産農場の地理的分離が栄養塩再利用の障害となっている。フィンランドでは家畜ふん尿に含まれるリンだけでも効果的に再利用すれば農業で必要なリンを供給できると見込まれるが、現在は毎年数千トン規模の無機肥料が用いられている。この無機肥料を、再利用の栄養塩に切り替えるには、EUレベルと国家レベルの両方において分かりやすく適切な規則が必要である。SYKEは、あらゆる種類の施肥を対象とする単一の法令を策定する必要があるとしている。ふん尿を加工すれば栄養塩を必要な場所に低コストで輸送でき、植物の栄養塩利用性も改善できる。同国では現在のふん尿の加工率5%を20%以上に引き上げる必要があるという。ベルギーやオランダでも加工率向上が必要とされており、栄養塩再利用の市場が機能すれば、クリーン技術産業にとってビジネスチャンスとなるという。【フィンランド環境研究所】
記事に含まれる環境用語 |
リン
栄養塩
環境研
プレスリリース |
http://www.syke.fi/en-US/Current/Efficient_nutrient_recycling_calls_for_a(44829)

ページトップへ