EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
静岡県、「県版レッドリスト」改訂 動植物619種が絶滅の...
次の記事へ
 件数:4709件
 カテゴリ「自然環境」
 
 61-68件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.26  情報源 | 地方自治体  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
静岡県、「県版レッドリスト」改訂 動植物619種が絶滅の恐れ
 静岡県は、絶滅の恐れがある県内の野生動植物の種をまとめた「県版レッドリスト」を改訂した。改訂は2003年以来、14年ぶり。県内で確認されている野生動植物1万2859種を評価し、619種を絶滅危惧種とした。
 県は09〜16年度に県内の希少野生動植物を中心に行った調査をもとにレッドリストを改訂。絶滅危惧種619種の内訳は、植物417種、哺乳類3種、鳥類52種、爬虫類1種、両生類5種、淡水魚類23種、昆虫類60種、陸・淡水産貝類29種、クモ類3種、菌類26種となっている。
 絶滅危惧種のうち、ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高い「TA類」は、イヌワシアカウミガメなど106種。「TA類」ほどではないが、近い将来に絶滅の危険性が高い「TB類」は、ヤマセミ、ニホンウナギなど204種。絶滅の危機が増大している「U類」は、ライチョウ、ニホンアカガエルなど309種だった。
 レッドリストは17年度中に策定する生物多様性地域戦略の基礎資料として活用するほか、掲載された野生動植物の種の生態、分布、生息状況、保護対策などの詳細な情報をまとめた「県版レッドデータブック」を18年度に発行する。

記事に含まれる環境用語 |
アカウミガメ
イヌワシ
レッドデータブック
レッドリスト
菌類
昆虫類
生物多様性地域戦略
絶滅危惧種
淡水魚
鳥類
両生類
哺乳類
プレスリリース |
http://www.pref.shizuoka.jp/kankyou/ka-070/wild/red_replace.html

ページトップへ