一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

公開シンポジウム「地球温暖化問題について考えよう!最新の科学と温室効果ガス排出量監視の取りくみ」 12月10日開催

【発表日】 2013.11.07 【情報源】 環境省 【地球環境 地球温暖化

 平成25年12月10日(火)に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)主催の公開シンポジウム「地球温暖化問題について考えよう!最新の科学と温室効果ガス排出量監視の取りくみ」が札幌市中央区の京王プラザホテル札において開催される。
 今回のシンポジウムでは、関係者が一堂に会し、IPCCの活動及び気候変動に関する最新の知見を紹介するとともに、地球温暖化問題への国際的な取り組みとIPCCの関わりについて議論を行う予定。
 参加希望者は、申込みサイト( https://form.iges.or.jp/webapp/form/11205_zoq_214/index.do )から予め登録することが必要。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

公開シンポジウム「地球温暖化はどうなるのか? −IPCCの最新科学的知見と日本からの貢献−」 12月3日開催(国内ニュース)

環境省 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第37回総会の結果概要を公表(国内ニュース)

IPCC第1作業部会、第5次報告書を公表 今世紀末の気温 最大4.8℃上昇と予測(国内ニュース)

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第38回総会 平成26年3月25日から日本で開催(国内ニュース)