一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三菱商事、次世代高性能リチウムイオン電池の共同開発でGSユアサ、ボッシュと合意

【発表日】 2013.06.20 【情報源】 企業 【大気環境 交通問題

 三菱商事は、次世代の高性能リチウムイオン電池を共同開発することでGSユアサ、自動車部品大手のドイツ・ボッシュと合意した。3社は、ボッシュの本社があるドイツ・シュツットガルトに開発・販売を行う合弁会社を設立し、2014年初めに活動を始める予定にしている。電気自動車(EV)の走行距離を伸ばす大容量電池を開発する。
 合弁会社には三菱商事とGSユアサが25%ずつ、ボッシュが50%出資し、出資比率に応じて役員を派遣する。合弁会社は、EVやプラグインハイブリッド車(PHV)の基幹部品となるリチウムイオン電池に関し、各社が保有する制御技術や素材技術などを融合させる。大容量化によって重量と占有スペースを減らす新型電池の製品化を進める。
 三菱商事は、総合商社の強みとなる世界的なマーケティングネットワークを生かし、リチウム資源や材料の供給などの面で合弁会社に協力する。GSユアサは、原材料・電気化学技術を合弁会社の次世代リチウムイオン電池開発に役立てる。同社は高エネルギー密度の電池セルを製造する最新の生産ラインを持ち、知識や経営資源を提供する。
 ボッシュは、高度な製品を大量生産するための生産工程と品質管理面のノウハウを担当する。電池パックと電池制御システム分野の高度な専門知識を活用し、セルとシステム全体のモニター、制御と車体本体への組み込みを受け持つ。EV・PHVの開発競争が激化する中、3社は連携によって競争力の高いリチウムイオン電池開発を目指す。【三菱商事(株)】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

日産自動車、EV「リーフ」をマイナーチェンジ、電費を改善して新グレードも投入(国内ニュース)

日産自動車、EV商用車「e-NV200」の実証をコカ・コーラセントラルジャパンと開始(国内ニュース)

日産自動車など、EVタクシー運行最適化システムの実証実験で地域を拡大して展開(国内ニュース)

ホンダ、小型ハッチバック車「フィットEV」のリース販売開始、電費性能はトップ(国内ニュース)

栃木県 電気自動車による農作物集出荷等実証事業を実施へ(国内ニュース)