EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
世界資源研究所、インドのクリーンエネルギー拡大は雇用... 
次の記事へ
 件数:685件
 カテゴリ「エコビジネス」
 
 1-8件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2017.11.22  情報源 |  カテゴリ | エコビジネス >> 環境報告書
世界資源研究所、インドのクリーンエネルギー拡大は雇用創出や貧困対策にも寄与すると報告
 世界資源研究所(WRI)は、2022年までに風力及び太陽光エネルギーを160ギガワット生産することを目指したインドの取組は、エネルギー安全保障の強化やエネルギーアクセスの拡大、気候変動の緩和のみならず、雇用創出、安定収入、健康面の便益、非熟練労働者の能力構築機会にもつながる、との報告書を公表した。同国の再生可能エネルギー部門では2017〜2022年の5年間に33万件以上の雇用創出が見込まれ、こうした雇用機会は農村部の貧困層にとって自給農業の代替になり得るという。WRIは、農村部の非熟練労働者や女性がクリーンエネルギー関連の仕事に就こうとする際には様々な障壁が存在する、という点にも言及し、現状分析を基に、政府当局者や民間部門のリーダー、研修機関のそれぞれに向け、フルタイムで安定的な雇用を創出して貧困削減の効果を最大限に高める方法を提言としてまとめている。報告書の主執筆者は、「官民のリーダーが、電力と雇用を全国の貧困層に提供するクリーンエネルギー部門を構築すべき時だ」と述べる。【世界資源研究所
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
再生可能エネルギー
世界資源研究所
プレスリリース |
http://www.wri.org/news/2017/11/release-india%E2%80%99s-clean-energy-push-could-create-new-jobs-and-reduce-poverty

ページトップへ