EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、アリゾナ州の部族居住区の環境改善... 
次の記事へ
 件数:1002件
 カテゴリ「環境行政」
 
 17-24件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.31  情報源 |  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
アメリカ環境保護庁、アリゾナ州の部族居住区の環境改善に2350万ドルを提供
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、カリフォルニア州アルパインで開催された第25回太平洋南西地域年次部族会議で、アリゾナ州の15の部族に対し、環境プログラムと水インフラの改善のため2350万ドルを提供すると発表した。このうち520万ドル超がモニタリング、水質汚染の削減、流域の保全と修復、水及びエネルギー効率、排水の再生利用、処理システムのためのプログラムに充てられ、1360万ドルが、部族の飲料水や下水インフラ、プラント作業員の訓練や技術支援のためにインディアン衛生局に提供される。さらに現行の環境プログラムの実施、開放投棄の一掃と汚染された土地の浄化、大気質の監視・保全・改善のためのプログラムの開発、そしてこれらの取組みに関する人々の意識啓発のために、470万ドルが使用されるという。シュトラウスEPA太平洋南西地域管区長代理は、「この資金によって、部族社会への安全な飲料水の提供や環境プログラムの支援が促進され、先住民居住区の環境や生活の質を大きく向上させる」と語った。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
モニタリング
再生利用
プレスリリース |
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-announces-235-million-environmental-improvements-tribal-lands-arizona

ページトップへ