一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 日中韓大気汚染物質長距離越境移動研究プロジェクト

作成日 | 2009.10.17  更新日 | 2015.01.23

日中韓大気汚染物質長距離越境移動研究プロジェクト

ニッチュウカンタイキオセンブッシツチョウキョリエッキョウイドウケンキュウプロジェクト   【英】Joint Research Project on Long-Range Transboundary Air Pollutants in Northeast Asia  [略]LTP  

解説

韓国の環境部と国立環境研究院が中心となって組織した酸性雨等に対する日中韓の共同研究プロジェクト。北東アジアの越境大気汚染問題に対して、モニタリングおよびモデリング分野の共同研究を行い、黄砂大気汚染物質の長距離輸送の実態把握とモデル化することを目的とする。暫定事務局が韓国の国立環境研究院に設置されている。

1996年ソウルで開催された第1回専門家会合以来、中国、韓国、日本を含む北東アジア地域で活動が広げられている。作業は、各国の政府及び専門家を含む作業部会によって行われている。具体的には、2004年までの5年間、各国において航空機観測、大気汚染物質排出量データの整備、長距離移動モデル計算等の調査を行い、その結果を持ち寄って比較することとされた。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト