一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 化学的酸素要求量

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

化学的酸素要求量

カガクテキサンソヨウキュウリョウ   【英】Chemical Oxygen Demand  [略]COD  [同義]COD 

解説

水中の有機物を酸化剤で分解する際に消費される酸化剤の量を酸素量に換算したもので、海水や湖沼水質の有機物による汚濁状況を測る代表的な指標。

測定方法は世界的には重クロム酸ナトリウムで酸化する方法が一般的だが、日本では日本工業規格K0102(工場排水試験方法)に準拠して、硫酸酸性で過マンガン酸カリウムにより沸騰水浴中(100℃)で30分間反応させたときの消費量を測定し、試料中の有機物の汚濁度を算出する。なお、二価鉄や亜硝酸塩などの存在によって測定値が高くなる場合がある。

環境基準では、河川にはCOD値は設定されず、湖沼および海域で類型によりあてはめることとなっている。また、水質汚濁防止法(1970)に基づき排出水の規制のための基準値が定められている。

似たような有機汚濁の指標に、BODがあり、環境基準でも河川についてはBODが設定されている(湖沼・海域ではCOD)。

河川は流下時間が短く、その短い時間内に河川水中の溶存酸素を消費する生物によって酸化されやすい有機物を問題にすればよいのに対して、湖沼や海域は滞留時間が長く、有機物の全量を問題にする必要があること、また湖沼には光合成により有機物を生産し、溶存酸素の消費・生成を同時に行なう藻類が大量に繁殖していることから、BODの測定値が不明瞭になることなどによるとされる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト