一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 希少野生動植物種保存基本方針

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

希少野生動植物種保存基本方針

キショウヤセイドウショクブツシュホゾンキホンホウシン   【英】National Guideline for the Conservation of Endangered Species of Wild Fauna and Flora  

解説

種の保存」(1992)の規定に基づき、希少な野生動植物の種の保存について重要な事項を定めるもの(法6条)。中央環境審議会の意見を聴いて環境大臣が案を作成し、閣議で決定される(同1項)。種の保存に関する基本構想、希少野生動植物種の選定に関する基本的事項、国内希少野生動植物種の生息地等の保護に関する事項など大きく6つの内容について定める(同2項)。

種の保存に基づく施策や事業の内容は、この基本方針と調和していることが求められる(同5項)。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト