JavaScript対応のブラウザでご覧ください。

EICネット『エコナビ』−あなたのエコライフをナビゲート!−

テレビにまつわるエコライフ(1)へ テレビにまつわるエコライフ(2)へ テレビにまつわるエコライフ(3)へ テレビにまつわるエコライフ(4)へ
テレビにまつわるエコライフ(3)
EICネットのページへ
エコライフガイドのトップページへ
エネルギーのトップページへ
水のトップページへ
ごみのトップページへ
ケミカル-ケアのトップページへ
暮らしの場面のトップページへ
知識編のトップページへ
エコライフガイドとは
テレビが1人でしゃべってない?
布団にもぐりながら深夜番組を見ていて、気づいてみたら朝までテレビがついていたり。そんな経験をお持ちの方もいらっしゃるのでは? NHK放送文化研究所の調査によると、特に見たいものがあるわけではないのに、「テレビが付いていないと落ち着かない」人が増えているとのこと。

でも、32型テレビを1時間見るのに必要な消費電力量を、自転車のダイナモで自家発電するには、自転車約50台をこぎ続けなくてはなりません。

テレビ1台つけるのに自転車50台が必要

テレビに1人でしゃべらせない、テレビを1人ぼっちにさせない、これもエネルギーセービングなお付き合いの第一歩です。


 ←自転車発電のコラムへ


<データ出典と算出根拠>
・32型テレビの1時間当たり平均消費電力は、
 「省エネ性能カタログ2008冬」(財団法人省エネルギーセンター)によると、148Whr。
・一方、自転車のダイナモの発電容量は、約3Wといわれてます。
・自転車を1時間こぎ続けたときのダイナモによる発電量は3Whrになりますから、
 148Whrの電力をつくるのに必要な自転車の台数は、
  148÷3≒50台 となります。

<データ出典>
「省エネ性能カタログ2008冬」(ECCJ):http://www.eccj.or.jp/catalog/2008w-h/index.html

<関連リンク>
財団法人 省エネルギーセンター (http://www.eccj.or.jp/)
テレビにまつわるエコライフ(1)へ テレビにまつわるエコライフ(2)へ テレビにまつわるエコライフ(3)へ テレビにまつわるエコライフ(4)へ エネルギーのトップページへ