一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

経産省 太陽光発電のための次世代送配電ネットワークの実証試験開始

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2009.07.02 【情報源】経済産業省/2009.07.01 発表

 経済産業省は、太陽光発電のための次世代送配電ネットワークの実証試験を鹿児島県竹島、沖縄県与那国島など10の離島で実施すると発表した。
 今回の実証試験は、独立した系統となっている離島において、相当量の太陽光発電等を導入するとともに、蓄電池等を活用した系統システムの制御を実証的に行い、今後の太陽光発電の大量導入に対応した、次世代送配電ネットワーク構築に向けての課題を整理することを目的とするもの。
 同省では、離島における次世代送配電ネットワークの構築を見据えた実証試験(マイクログリッド)の補助事業者について平成21年6月22日まで公募を実施し、九州電力(株)と沖縄電力(株)の提案を採択、両社が設置する太陽光発電施設、風力発電施設、蓄電池、制御装置、及び内燃力発電からなるマイクログリッドシステムの実証設備に対して2/3を補助を実施する予定。【経済産業省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク