EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
三井物産、オマーンの天然ガスだき複合火力発電プラント... 
次の記事へ
 件数:26928件
 新着順に表示
 1069-1076件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2016.01.04  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
三井物産、オマーンの天然ガスだき複合火力発電プラントによる発電事業に参画
 三井物産は、中東のオマーンで、天然ガスだき複合火力発電プラントによる発電事業に出資・参画する。サウジアラビアの電力事業会社、ACWAと、オマーンで銀行・保険・港湾事業などを手掛けるDIDICとともに組成した共同事業体が、事業権を獲得した。同国の国営電力・水公社のOPWPが実施した入札に参加し、受注通知書を受領した。
 オマーン北部のイブリ工業地区とソハール工業地区に1基ずつ、計2基の天然ガスだき複合火力発電プラントを建設し、発電した電力をOPWPとの長期売買契約に基づいて15年間売電する。これにより、同国の電力需要拡大に対応する。三井物産は50.1%出資して共同事業体のリーダーを務める。ACWAは44.9%、DIDICは5%出資した。
 天然ガスだき複合火力発電プラントはイブリ工業地区が145万kW、ソハール工業地区が170万kWの出力があり、両プラントでオマーンの首都マスカットを含む同国北部電力網の約3割の電力を供給する。2019年1月にソハール工業地区、同年4月にイブリ工業地区の発電所が運転を始める。総事業費は約23億ドル(約2760億円)にのぼる。
 共同事業体は、2月にOPWPと売電契約を始めとするプロジェクト関連の契約を締結する。三井物産はこれまでオマーンで陸上油・ガス田生産・開発やLNG液化天然ガス)プロジェクトに参画してきた。今回は、2015年に発電事業を含む2つの案件を受注したのに続く、同国でのインフラ分野の受注だ。中東地域で最大級の出力を持つ大型発電事業を手掛けることになる。【三井物産(株)】

記事に含まれる環境用語 |
LNG
液化天然ガス
港湾
プレスリリース |
http://www.mitsui.com/jp/ja/release/2016/1216441_8913.html
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
富士電機、「ボイラ燃焼ソリューション」発売、制御と計測機器で燃料費を削減(国内ニュース)
三菱日立パワーシステムズ、南アフリカの発電所向けボイラー初号機を引き渡し(国内ニュース)
東芝、インドの火力発電所に同国の工場から大型蒸気タービン・ローター初出荷(国内ニュース)
富士電機アメリカが同国の火力発電プラントサービス会社を買収、事業を強化(国内ニュース)
三井物産、オマーンで火力発電事業に出資・参画、発電所新設と既存発電所買収(国内ニュース)

ページトップへ