一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

イギリス、農業のアンモニア排出削減へ新たな適正実施規約を発表

【発表日】 2018.07.27 【情報源】 イギリス 【大気環境 大気汚染

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、農業からのアンモニア排出を削減する新たな適正実施規約を発表した。農業はイギリスのアンモニア排出の88%を占めている。アンモニアは、生物の自然の生息地に窒素を過剰に供給し、他の汚染物質と組み合わさって人間の健康に有害な微小粒子状物質を生成する。規約では、有機肥料の貯蔵と施用、窒素肥料の施用、家畜の給餌や畜舎管理でアンモニア排出を削減する方法がまとめられている。農薬施用率を計算する栄養塩管理計画の利用など農家が簡単に導入できる手法や、汚泥貯蔵、散布装置、インフラの大幅な変更、汚泥の酸性化や分離などの新技術の導入などが含まれている。規約に加え、DEFRAは農業からのアンモニアの排出削減への資金・技術支援パッケージを提供している。アンモニア排出削減を支援する専門家チームに今後3年間で300万ポンド提供し、低排出散布装置の紹介や農家への個別指導を行うとしている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース