EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カナダ環境・気候変動省、全国プラスチックごみ回収イニ... 
次の記事へ
 件数:11445件
 新着順に表示
 298-305件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.09.11  情報源 | カナダ  カテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
カナダ環境・気候変動省、全国プラスチックごみ回収イニシアティブを実施
 カナダ環境・気候変動省は、全国でプラスチックごみ回収活動を実施するよう呼びかける「コミュニティ・クリーンアップ」イニシアティブを立ち上げた。2018年9月8日から一週間かけて、学校や企業、市民が海岸や公園のプラスチックごみ拾いを実践する。国際海岸クリーンアップデーとワールドクリーンアップデーの9月15日には、バンクーバー、トロント、オタワ、ハリファックスで大規模な海岸清掃イベントを実施する。2018年のG7議長国を務めるカナダは、2018年6月にシャルルボワで開催されたG7サミットで海岸のゴミ削減への取組を約束する「海洋プラスチック憲章」に署名し、取組を率先する姿勢を見せている。2018年9月19〜21日には、ハリファックスでG7環境・エネルギー・海洋大臣会合が開催される。一方で、カナダではプラスチックのリサイクル率は約11%にとどまっている。キャサリン・マッケナ環境・気候変動相は、この夏カナダ各地を訪問し、国民にプラスチック汚染対策の必要性を訴えていた。【カナダ環境・気候変動省】
記事に含まれる環境用語 |
リサイクル
海岸
気候変動
プレスリリース |
https://www.canada.ca/en/environment-climate-change/news/2018/09/thousands-of-canadians-to-tackle-plastic-pollution-across-the-country.html

ページトップへ