EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境省 平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル... 
次の記事へ
 件数:23599件
 新着順に表示
 6501-6508件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境情報センターが運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2014.10.21

ピックアップ記事のサマリーイメージ

地球環境研究の国際プログラムが再編され、Future Earthとよばれる枠組みが誕生しました。人間の活動と地球との関係を持続可能なものにするための様々な研究がこの下で推進されます。Future Earthでは、学術の専門家だけでなく、社会のさまざまなステークホルダー(利害関係者)が参加することに特徴があります。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2011.04.21  情報源 | 環境省  カテゴリ | エネルギー >> 自然エネルギー
環境省 平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果を公表
 環境省は、平成23年4月21日 平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果を公表した。
 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査は、再生可能エネルギーの大規模な導入について検討を進めるために環境省が平成21年度から実施しているもので、太陽光発電(非住宅系)、風力発電(陸上及び洋上)、中小水力発電及び地熱発電(温泉発電を含む。)について、日本における賦存量※1及び導入ポテンシャル※2の推計を行い、その結果を地図情報として見ることができる、「再生可能エネルギーポテンシャルマップ」をインターネット上に公開している( http://www.env.go.jp/earth/ondanka/rep/index.html )。
 平成22年度は、平成21年度調査結果の精度向上を図るとともに、再生可能エネルギーの全量固定価格買取制度の導入や技術開発によるコスト縮減を想定したシナリオを設定し、そのシナリオの下で事業性の観点から具現化が見込まれる量である、シナリオ別導入可能量※3についても推計を行っている。
 推計結果については、環境省ウェブサイト( http://www.env.go.jp/earth/report/h23-03/ )を参照のこと。
 なお、平成22年度調査結果を反映した再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップは、平成23年5月中に公開する予定。

※1 賦存量:設置可能面積、平均風速、河川流量等から理論的に算出することができるエネルギー資源量。現在の技術水準では利用することが困難なものを除き、種々の制約要因(土地の傾斜、法規制、土地利用、居住地からの距離等)を考慮しないもの。
※2 導入ポテンシャル:エネルギーの採取・利用に関する種々の制約要因による設置の可否を考慮したエネルギー資源量。賦存量の内数。
※3 シナリオ別導入可能量:事業収支に関する特定のシナリオ(仮定条件)を設定した場合に具現化が期待されるエネルギー資源量。導入ポテンシャルの内数。対象エネルギーごとに建設単価等を仮定した上で事業収支シミュレーションを行い、税引前のプロジェクト内部収益率(PIRR)が概ね8.0%以上となるものを集計したもの(※年次は特定していない)。概して実際の導入量はシナリオ別導入可能量を下回ると予想されるが、経済的要因以外の要因で導入される場合もあるため、実際の導入量がシナリオ別導入可能量を上回ることがあり得る。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
河川
固定価格買取制度
再生可能エネルギー
太陽光発電
地熱発電
風力発電
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13696
関連情報 |
EIC ネット・コンテンツ
環境省 再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップを公開(国内ニュース)
関連リンク
環境省 再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップ(平成21年度)
環境省 平成21年度 再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査調査報告書

ページトップへ