一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「二千六年の国際熱帯木材協定」 12月7日発効

【発表日】 2011.12.21 【情報源】 環境省 【地球環境 森林の減少

 環境省は、「二千六年の国際熱帯木材協定」(二千六年協定)が平成23年12月7日に発効し、12月21日に公布されたと発表。
 国際熱帯木材協定とは、一次産品である熱帯木材の貿易の促進や、熱帯林の持続可能な経営を促進させることを目的としたもので、横浜市に本部を置く国際熱帯木材機関ITTO)の根拠協定となるもの。
 主な特徴は、違法伐採問題への対処や、持続可能な熱帯林経営を通じた貧困軽減、非木材林産物及び環境サービスの持続可能な森林経営に対する貢献についての理解促進等を新たに目的に追加している。
 また、多くの国や民間企業などが持続可能な熱帯林経営の実現に参加できるように、テーマ別プログラムという新たな制度を追加し、テーマごとに資金を集めてプロジェクトを実施することとなっている。なお、現時点では、違法伐採対策や気候変動対策などの5つのテーマを決定している。【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク