一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

低濃度ポリ塩化ビフェニル汚染廃電気機器等の無害化処理制度 光和精鉱(株)が申請

【発表日】 2013.03.28 【情報源】 環境省 【ごみ・リサイクル ごみ処理

 環境省は、平成25年3月28日、福岡県北九州市の光和精鉱株式会社から低濃度PCB無害化処理認定制度へ認定申請があったと発表。
 今回、光和精鉱株式会社が申請した施設では、廃ポリ塩化ビフェニル等(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油が廃棄物となったもの)及びポリ塩化ビフェニル汚染物(微量ポリ塩化ビフェニル汚染絶縁油が塗布され、染み込み、付着し、又は封入されたものが廃棄物となったもの。)を処理する予定。
 環境省では、今回の申請書等について、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の規定に基づき、平成25年4月30日まで下記の場所にて縦覧を行い、5月14日まで意見募集を実施する。
 
○縦覧場所
 環境省大臣官房廃棄物リサイクル対策部産業廃棄物
 (東京都千代田区霞が関1-2-2)
 環境省九州地方環境事務所廃棄物リサイクル対策課
 (熊本県熊本市東区尾ノ上1-6-22)
 環境省九州地方環境事務所福岡事務所
 (福岡県福岡市博多区博多駅東2-11-1福岡合同庁舎本館1F)
 福岡県環境部廃棄物対策課
 (福岡県福岡市博多区東公園7-7)
 北九州市環境局環境監視部産業廃棄物対策室
 (北九州市小倉北区城内1-1)
 北九州市戸畑区役所総務企画課広報広聴係
 (北九州市戸畑区千防1-1-1)

 意見の提出方法等詳細に関してはプレスリリースを参照のこと。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

EIC ネット・コンテンツ

関連リンク