EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ モロッコに建設の世界最大の太陽光発電所を支援  
次の記事へ
 件数:10712件
 新着順に表示
 2106-2113件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

発表日 | 2013.05.10  情報源 |  カテゴリ | エネルギー >> 再生可能エネルギー
ドイツ モロッコに建設の世界最大の太陽光発電所を支援
 ドイツ連邦環境省は、モロッコにおいて世界最大の太陽光発電所の建設が開始したことを公表した。連邦政府は、プロジェクトに1億1500万ユーロを拠出し、これにより、モロッコ政府のソーラー計画を支援し、同時に年間23万トンのCO2排出量の削減に貢献するとしている。ドイツは、30年前からモロッコにおけるエネルギー部門を支援しており、同国における再生可能エネルギーやエネルギー効率を促進している。モロッコ政府は、2020年までに2000MWの発電容量を目指す野心的なソーラー計画を策定しており、160MWの容量を持つ今回の太陽光発電所は、その実現の最初の一歩となる。風力エネルギーの拡張と合わせ、モロッコは、2020年までに電力供給の半分を再生可能エネルギーで供給することが可能としている。連邦環境省は、国際気候保全イニシアティブの枠組みにおいて、1500万ユーロを、国営の「モロッコ・ソーラーエネルギー・エージェンシー」の自己資金投資として助成する。この助成は、ドイツ復興金融公庫を経由して実施される。ドイツ経済協働開発省は、1億ユーロを低利融資として提供する。ドイツ政府の一連の支援は、世界銀行、アフリカ開発銀行、ヨーロッパ投資銀行、フランス開発銀行、欧州委員会といった他の参加機関との密な調整のうえで実施される。連邦政府は、今回、開始した建設期間の後も、今後数年間で、さらなる発電所の建設に6億5000万ユーロを拠出するとしている。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
再生可能エネルギー
世界銀行
太陽光発電
風力エネルギー
プレスリリース |
http://www.bmu.de/bmu/presse-reden/pressemitteilungen/pm/artikel/bundesregierung-foerdert-weltgroesstes-solarkraftwerk/

ページトップへ